DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
DVの対処法
DVの被害状況
Dv加害者を検証
DV克服法
児童虐待
親に対する子供のDV
夫によるDV

DVの克服法と対処法

DVは解決できます。

DVの現状

「DV(ディーブイ)」とはいったい何なのでしょうか?「Domestic Violence」の二つの英語の単語の頭文字であるDとVをとって略したものが「DV」です。「Domestic Violence」をカタカナ読みしたのが「ドメスティック・バイオレンス」です。

「ドメスティック・バイオレンス」といえば、ニュースなどでよく耳にする、夫が妻にもしくは親が子どもに暴力をふるうことであるのではないかと思い当たります。

厳密に英語の意味を解説すると「Domestic=家庭の、内的な」、「Violence=暴力、暴行」という意味があり、「Domestic Violence=家庭内暴力」ということになります。しかし、最近はいわゆる同居している夫や妻、親、兄弟、子どもなどから受ける「家族間の暴力」だけでなく、同居の有無に関係なく、夫婦はもちろん恋人からの暴力なども含め総称して「DV(ドメスティック・バイオレンス)」と呼ぶようになってきています。

暴力形態も身体的なものだけに限らず、精神的、性的なものから経済的に困窮させるものや社会的に隔離させるものなどまで多様なDVが存在しています。また、男性が女性へ暴力をふるうことがDVであるかのように思われがちですが、実は逆の女性から男性への暴力行為も勿論あります。

DV加害者の暴力が度を超し被害者を死亡させるに至ることもあり、反対に加害者がひどいDVに堪えきれず加害者を殺害するに至るなど、悲惨な結果となることもあります。

身体的な目立った外傷がある、あるいは実際のDVの現場を第三者に知られる機会などがあれば、DVの存在の事実が明確になりますが、多くのDV被害者は声をあげられずにDVを受け続けている事実が多くあります。まずは相談できる人がいれば相談してみることが解決の第一歩です。しかしそれでも解決できない場合には、どうしたら良いのか?

DV被害者が苦しみから解放され、穏やかな生活ができるように、そしてDV加害者がすこしでも減るように、まず「DV」とはどんなもので、何が原因で起こるのか、そしてその解決にはどうすればいいのかを解説していきます。

プライバシーポリシーサイトマップ | Copyright (C) DVの克服法と対処法 All Rights Reserved